FC2ブログ

熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ、不動産業の未来」Ⅱ

季節ですね~日課の早朝ジョグの途中、どこからともなくキンモクセイのいい香りを感じました。まだ花は咲いていないと思いますが、、、、、開花の前にも香りを放つのですね~。 「ザ、不動産業の未来」の続きですが、現在の「不動産業」の本質は広義的には「情報サービス産業」と云えると思います。 種々の開発事業、デベロップ、仲介、管理等、全てこの範疇には入ると考えられ細かく云えば、一次情報産業と二次情報産業のミックスされた情報産業と云えると思います。 一次情報は情報の生産、二次情報は一次情報で生産加工されたものをインフォメーション、アナウンスと云うのが二次情報と云えます。 大雑把な割合として一次が二割で八割は二次情報の取り扱いが業界での現状業態ではないかと思います。 タイトルの「ザ、不動産業の未来」において他業界からの参入は、この二次情報分野の八割に相当するボリュームゾーンの筈で、 ICT等のデジタルデバイスをツールとして参入、一定のシェアを確保するのはそう難しいものではないし時間軸的にも早期の段階・・・・と考えられます。 ・・・・・で、結論から申しますと・・・・将来の産業としての「不動産ビジネス」に於いて生産性、あるいわ付加価値を考えた場合一次情報の生産に特化・・・・ではないかと考えられます。 では一次情報を如何に生産するかとなるわけですが・・・・・開発、デベロップは一つの手段にしか過ぎず又、この手法は、ほぼ先細りのシミュレートの数値。では如何様な・・・・いろいろと考えられます。key wordは 概念的にsoftware的な発想の転換だと考えられ、「不動産ビジネス」と云うものをドラスティックに変える可能性があり高付加価値の実現性を生み出しビジネスの領域、即ち一次情報生産の新たな領域を創造する事になります。具体的には次回のブロ具からその一次情報生産について検討していきたいと思います・・・・ 。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。