FC2ブログ

熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コントラストの時代

いよいよ、平成26年がスタートいたしました。
多くのビジネスパースンが動き出します。
さてどう云う1年になるのでしょうか?
国内の政治、経済そして海外の情勢は?

世の中の動きを視ていますと、「混沌」の予感、予兆を感じます。勿論、確たる根拠ではなく漠然とした、何~となくと云った程度です。
因みに昨年の漢字一文字は「輪」一昨年は「金」その前の年は「絆」でした。
「混沌」にはどうも二つの意味があり一つは、「万物形成以前の状態」もう一つは、「物事が混じり合い区別のない世界」との事。
この二つの意味、今年はどうも双方あてはまる様な気がします。
よって今年は漢字一文字ではなく二文字が馴染むのでは?
例えば言葉遊びをする分けではないのですが、物事が相対する言葉を並べてみますと

安定⇔不安定、成長⇔退化、拡大⇔縮小、平和⇔戦争、富⇔貧、格差⇔平等、良⇔悪、静⇔動、美⇔醜、静寂⇔喧騒
健⇔病、賢⇔愚、都⇔甍、笑⇔泣、愛⇔憎・・・・・・etc・・この様に物事の相対性が隣り合わせの時代でしょうか?
しか~し考えてみればいつの時代も相対する事は「世の常」「諸行」ではあります。

結論として相対性のコントラストがハッキリ強い時代と云うことでしょうか、相対する言葉のどちらのサイドに為るかは・・・・自分次第と云う事でしょうか。

歴史を少~し紐説いてみますと「混沌」の時代は比較的いろんなシステムが緩み奔放性を許容する時代のようです。
さあ~どのようにこの1年を「トライ」しましょうか・・・GO⇔BACK???


何とさわやかな、素晴らしい接客をする女性がいる喫茶店でした。若い女性ではありますが、サービス業を理解している。コントラストの時代を理解してますね。《天文館にて》
喫茶店縮小

シャレが旨い弁当店、こちらも「コントラスト」を感じますね。
弁当
















































スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。