FC2ブログ

熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nonイメージ

ここ数日前より、秋って感じになりましたね~。
この時期、奇麗なのは夜空の「星」ですね。
毎朝、だいたい4時半ごろから約1時間半程、散歩するのですが
この時期、特にこの時間は空気も澄みきっていて、同じ空気でも昼間の空気とは一味も二味も違います。
何というか、呼吸する度に、何か身体が浄化される様な感じですね~。

そして空を見上げると「満天の星」が輝いています。奇麗ですね~。
稟とした「空気」と降りそそぐ様に輝く「満天の星」・・・・・・
その中を歩く・・・聞こえるのは、自分自身の足音と虫の音だけです!
何とも云えぬ爽快感ですね。

今朝は阿蘇の山に薄~く雲がかかっていて、
その雲か゛ゆっくりとオレンジ色に染まっていきます・・・ファンタスティック!!
「満天の星」と空が「オレンジ」にゆっ~くり染まり・・その大地に立っていると、宇宙と云うものを感じますね、大宇宙の中に生存する自分、何か不思議な感覚を感じます。

先日、ゴア前アメリカ副大統領がノーベル平和賞を受賞されましたが
ゴア前副大統領もさることながら、ノーベル平和賞に「地球環境」をノミネートした、大変、素晴らしい審査スタッフの方々。
壮大さと尊厳さを感じます。

An Inconvenient Truth 「不都合な真実」・・読んでみました、
いろいろ考えさせられますね~・・・・。

実は、この「ノーベル賞」特に、「平和賞」は人間社会が直面する或るいわ、するであろう「今後を」暗示しているとも言われています。
過去の平和賞の受賞者と内容を調べてみますと、その後の人間社会の変化が「ノーベル平和賞」に諭されたように変わっていってます。

現在開催されている「東京モーターショー」に各メーカーが出展している次世代の車は、とても車とは思えません。
車の概念を完全に打ち破った、何と言ったらいいんでしょうか、う~ん人間の移動機とも云ったらいいんでしょうか、
現在の車ではない事は確かですね。
将来を完全にマーケットしてますね。

それと私の手元にある携帯電話・・・確かに便利ですね、どんどんいろんな機能が増えていきます・・・・益々、便利になります・・・
が、何かわかりませんが・・・同時に何か、どんどん情緒が損なわれていく様な感じがします・・・何なんでしょうかねぇ・・・・


Supremes>




スポンサーサイト

ひとりを愛せる日本へ。

いよいよスタートしましたね。
JP日本郵便 JPゆうちょ銀行 JPかんぽ生命 JP郵便局
以上の四つの事業会社からなる、「JP日本郵政グループ」
メディア各紙、それぞれのコメントを掲載しておりましたね。
各紙とも、どちらかといえば、一応にネガティブな内容のコメント
が多いように感じられました。

が、利用者or生活者からすれば「JP日本郵政グループ」の誕生は
大変、大きな意味を持つとものと思います。

既存の銀行、保険会社は企業としての宿命と競争から、本質的には「建前と本音」の上で成り立っている要素が大きく、建前としての「生活者の視点」のスタンスは取れないのが実情ではないかと思います。

JPグループに求められるのは、庶民、生活者視点のサービスだろうと思いますし、JPグループは隋一、それができる事業者、企業だと思います。

JPグループの新聞広告より:

<ゆうちょ銀行>
「一部の人より、すべての人と。」私たちにとって、金額の大小は関係ありません。どこよりも、地域の人々に深くかかわる銀行になります。

<かんぽ生命>
「日本の保険にカンタン、というやさしさを。」日本の保険をわかりやすいものに変えたい私たちです。

<郵便局>
いままで通りすべては郵便局が窓口。全国24,000というネットワークを生かし、様々なサービスを提供できる「お店」をめざします。

この広告内容に誇大表現、実現不可能な表現は無いと思います。
JPグループだからできるサービスだと思います。

どうでしょう、金融の自由化、グローバル化が叫ばれ実行され、何かいい事があったでしょうか?
大半の人は、「何か訳のわからないまま今日に」という思いの方は多いのではと思います。

連日、意味のわからないカタカナの「金融用語」がメディアを通して耳に入ってきます。
この先、どうなるんだろう・・・何かしら不安を感じますよね~。

タイトルの「ひとりを愛せる日本へ。」はJPグループのキャッチコピーです。
いい表現ですね。

今までの金融政策は「金融機関の再建」の為の施策で、その「つけ」は一般市民、生活者に強いられてきました。             

これからは:一般市民、生活者が享受する事になるでしょう。
これからが:本当の金融の自由化がはじまります。

耳触りのいい表現で、はたして「どうなるものか?」なんてコメントを出している、実態経済を知らない経済評論家もおりますが。?
元来、メディア、評論家たる諸氏は、何か「事」が始まると大体、ネガティブなことを云う傾向にありますね。

JPグループは、おそらく「生活者」の、かなりの人にかかわることになると思われ、地域経済に深く根ざしていくものと考えられます。
又、地域間格差是正に関与できる隋一の事業者である事も明白です。
「あなたの街」の郵便局は頼りになると思います。

PS:
そうそう、いい表現、上手い表現といえば、・・・・サントリーのテレビコマーシャル上手いですね~。

「わたしは氷、あなたはウイスキー」うまいですね~。
女優さんのキャスティングもgoodで、その表情、イントロのセリフ、これまたいいですね~。
普段、ウイスキーをあまり飲まない方もちょっとグラスを傾けたくなるのでは?
多分、ウイスキーの売り上げ、上がるでしょう。

Lincoln




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。