FC2ブログ

熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レボリューション」の香り。

今朝:
梅雨にしては、あまりにも心地よい、さわやかな風で、2時間ちかく散歩してしまいました。
途中、rare wine and malt whiskyの店のガーデンテラスで一休み、広~い「エンジェルの芝生」のグリーンに癒されながら、旨い空気を胸一杯。
小鳥のさえずりとオースティンリバーのせせらぎを耳に、小道のブルーベリー5~6個と「きゅうり」を一本いただき、用意してきた「もろみ」をつけて、ゴン吉、キャバリンと一緒にかじりながら・・・・我が家へと。
そうそう、イチジクも淡~い、紫色の花を咲かせていましたね。
そんなわけで、心地よい、「至福の朝」のひと時でした。

今月:
6月一杯で私の楽しみの一つであります、銀座通りの「紀伊国屋」書店が閉店との事。
月に1~2度ぶらりと立ち寄り、興味が向くまま2~3冊買って、その足で、向い側にある、ビアホール「オーデン」のカウンターで大好きな※「ヒューガルデン」を飲みながら~買った本をパラパラとめくる・・・・・・・楽しみと云うか、何か幸せなんですよね、こう云う時間は・・・・・・残念ですが、仕方ないですね。

※「ヒューガルデン」:ベルギーのヴァイツェンビールで、私は世界で一番、旨いビールだと思っております。

今年:
いよいよ風向き、潮目が変わりそうな感じがします。
昨今の一連のもろもろの問題、政治的、経済的、社会的、etc。
もろもろの諸問題の根底に、現在の社会構成スキームそのものが崩れはじめている様な感がします。
新たな構成スキームを社会が、模索し始めたのではないでしょうか

民主主義の社会では、究極的には、「権力」と「責任」は我々、国民にあります。
その「権力」と「責任」は、何を模索し始めているのでしょうか、
政治的レボリューション? 経済民主主義? ゲマインシャフト?

いずれにしても、シンドロームは「レボリューション」の香りがします。

DAMIA


 








スポンサーサイト

a pension(年金)

プロローグ:すいません、今回はカットさせていただきます。

メイン サブジェクト:年金

この年金問題は、社会を揺るがす、大変な問題です。
単純に5,000数十万件、うんぬん、の問題ではないはずです。

又、社保庁だけの事だけでもないはずです。行政そのものに対する、不安、不信と云うものにつながりかねません。社保庁が導火線に火を点けてしまった感がします。
以前からこの年金は、"怪しい"と思われていましたが、今、分かっているだけでも、この有様です。

恐らく、調べれば調べる程、不可解な事が発覚する事、必至です。
裏金、考えられない様なもろもろの不祥事、本来なら全て、許される事ではないはずですが、国民が"おとなしい"から、なんとか納まってきた訳ですが、今回の年金はそういう分けにはいかないと思います。

政府内閣、議員も「事」の重大さを認識しているとは、とても思えません。
何故なら対応があまりにも"おそまつ"すぎます。

内閣の支持率、参院選への影響等を口にする議員が多すぎ、何か勘違いしている様な気がしてなりません。
「国家」の根幹的、問題のはずです。参院選なんて二の次、三の次です。

調査も社保庁、与党サイドだけの調査では甘すぎるのではないでしょうか。
何故、野党はその調査に切り込んでいかないのでしょうか、
国民の思いが野党にも伝わっていないのでしょうか、
場合によっては、「調査」と「捜査」が同時進行する事案ではないでしょうか、
事案の内容は違いますが「事」の重大さから、ライブドア、村上ファンドの比ではないような気がします。繰り返しますが、この、「事」は国家の根幹を揺るがしかねない事案であるということです。

諸外国(体制国家以外)でこの様な事が発覚すれば、クラッシュの可能性があります。特にプロテスタント系の国家においては、大変な社会問題になるのは間違いないでしょう。

又、間接的に「経済」そのものにも影響してくる事も考えられます。

しばらくは、「事」の動きを注視し、「事」次第ではアクションという事でしょうか。

エピローグ:カットさせていただきます。


明治140年6月1日

早いもので、今年(明治140年)も6月に入ってしまいました。
6月と云えば「梅雨」。

何か、うっとおしい感じもしますが、it rainも過ごし方によっては、いいもんです。家の中から、庭を眺めると、新緑の葉が雨に濡れて、一層の「みどり」の輝きを見せてくれます。心も潤います。
ちょっと贅沢をして、どこそこの温泉でも行って、雨にうたれながら、露天風呂~なんて云うのも~おつなものです。

今朝のワン公との散歩は、表参道のコースをチョイスしました。
途中に、蒲萄畑があり、先週はまだ小さな粒のかたまりだったのが、今朝見ると
一粒の大きさが、丁度、大豆ぐらいまでに成長していました。
早いな~植物の成長は、なあ~ゴン吉、キャバリン・・・六つの眼でしばらく蒲萄の実を観察していると、いつものようにゴン吉が、立ちション、・・・・表参道を抜けセントラルパークまで行きますと、白鳥(アヒルとも云います)が優雅に湖面をすべる様に泳いでおります。
いつも5羽いるのが、4羽しかいないので、おかしいなあ~と思っていたら、しばらくして、残りの1羽が眼をこすりながら森の中から出てきました。
どうしたのかと聞きますと、「ちょっと寝坊しただけよ!」な~んて言いながら、湖面に顔を突っ込み顔を洗っておりました。歯もみがけよ~寝ぼすけ--。

さてさて、今週も、いろいろございましたですね・・・・・。

「負けないで」の坂井和泉さん、事故とはいえ早すぎますね~、残念ですね~、人として、又、おとなの女性として一番魅力的な年頃ではありませんか、
この人が「負けないで」を歌っていた女性とは知りませんでした。
初めてみました。

知的で、なにか寂しそうな横顔の写真、素敵ですね。

「負けないで」の曲はメロディーもいいのですが、やはり「詩」がいいですね。
人の心、男心を惹きつける「歌詞」ですね。
特に、アスリート系の人に人気があるのも肯けますね。

そして、この曲のタイトル、「負けないで」の言葉の表現は、女性独特の感性ですね。
「負けないで」の表現の中に、"負ける事は許されない"の意味も感じさせます。
そこに、女性の「強さ」「凄さ」を感じさせますね~。
又、「詩」の内容から、"私の事を忘れることはできないでしょう"という、女性の「心の自信」と云うのも感じさせます。

男性には、このタイトルの表現はできません。
発想ができないですね。
歌詞の内容からして、う~ん、男性だったら何でしょうね~
「とわに」、「forever」、「anytime」かな~。月並みの表現かな~。


Peacefully・・・・・・。





FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。