FC2ブログ

熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話で思うこと。

野球の日本シリーズ、大リーグのワールドシリーズも終わり、今シーズンのスポーツで私が興味があるのはゴルフぐらいでしょうか、ダンロップフェニックスでのタイガーウッズのプレイと女子プロ、熊本出身の古閑 美保(華があっていいですね)の今季もう1勝。特にタイガーウッズの素晴らしくバランスのとれたボディーと身体能力、是非、実物を見たいですね。日本プロ野球:今年のシリーズを見て思ったのですが、断然にパリーグが面白く、新庄のパフォーマンスもいいんですが、全体的にセリーグよりパリーグのほうがレベルも高いですね。よりメジャーに近いリーグのような気がします、攻守にスピード感、躍動感があります。完全にセリーグを逆転してしまいました。人気までもです。(又現役大リーガーの殆どの選手がパリーグ出身です)又、ワールドシリーズを制覇したカーディナルスの田口、いいですね彼のエンデバー(endeavor)※(努力という意味でスペースシャトルの「エンデバー」はこの意味から付けられています。)には教わるものが沢山あります。いずれにしてもアスリートは、nice、good、fine !!


さて携帯電話ですが、ご存知の通りどんどん進化していってますね。今では日常生活に不可欠なツールといっても過言ではないと思います。日常、あたりまえのように使っているのですが、よく考えてみると、この「携帯電話」というのは、人類史上、人間が創りだした道具のなかでは最高の道具ではないでしょうか、飛行機、自動車、コンピューター等、それはそれで凄いものですが今後のポスビィリィティ-、ポテンシャルから考えると、その比ではないように思います。メイル機能から始まりカメラ、キャッシュレス、金融取引、セキュリティー、遠隔操作、Gps、ミュージックプレイヤ-、ゲイム等、現在はこの程度ですが、まだまだ序の口だと思います。現在のこれらの機能の更なる進化と新たな機能の開発はもの凄いスピードで進んで行くのではないでしょうか。その中で最初に進化するのは、通貨機能ではないでしょうか。「お金」に換わる可能性が大です。今はまだ「お財布携帯」なんて「まま事」みたいなコマーシャルをやっていますが、おそらくキャッシュレスどころか、ノンキャッシュカード、高速道のゲートレス、電車・飛行機・バス・タクシ-等のノンチケット、他あらゆる支払いが「携帯」で、できる時代がそこまで来てそうな感がします。そうなると、どう云う事が現象として現れるのでしょうか?その前提として「携帯」はあくまで端末のハードであって、亡くしても或るいわ盗られても貨幣的、実害がない事が前提になります。ご安心下さい、それはもう、いつでも製品化する事は可能だそうです。くりかえしますが、携帯を亡くしても携帯という端末を亡くすだけで貨幣的価値は一切亡くなる事はありません。現在はIDは記号とか数字ですが今後のIDは、私自身、あるいわ、あなた自身がIDとして認知される訳ですから安心です。


そうなった場合の考えられる社会現象のほんの一部の現象として、犯罪が劇的に減少します。特に金銭的窃盗犯罪はなくなります。(盗るものがない訳ですから)、膨大な紙、金属が不用になりますので資源、自然環境の悪化に歯止めがかかります。又あらゆる業種において、相当のコストダウンが可能になります。ここでは敢えて書きませんが社会的に様々なプラス効果を生じさせ経済的、社会的環境を激変させる事になります。今世紀、最大のレボリュウ-ションになる可能性は大です。要は技術的にはクリアできる訳ですから、それを社会、人間が受け入れるかどうかだけだと思います。


そうなれば「経済の活性と透明性」がドラスティックに向上するのは明らかです。一時的な混乱はあるかとは思いますが。


数日前からナンバーポータビリティーのコマーシャルが頻繁に流されていますが、今後の「携帯」の大きな進化からすると、このサービスは「針の穴」程度のものです。極々近い内、携帯電話会社3社とも料金的には今の通話時間による課金制はなくなり、定額制になります。何故なら、3社とも定額制に移行しないと次のサービスのステップが踏めなくなるはずです。(通話機能は機能の一部にしかすぎないからです)定額制に仮に移行しない会社は携帯事業から退場という事になると考えられます。巷の「噂」として月額3,000円~4,000円を余儀なくされるとか? 


今後、汎用的な消費財、サービスの価格は消費者が決定権を持つ事になります。メーカー、サプライヤーではありません。今後のサプライヤー(メイカー含む)と消費者の関係は、先程のパリーグとセリーグの現象と同じで、勿論、消費者=パリーグです。これが経済的に云う「成熟化社会」の現象の一つです。


                                                                             Good Night


 


 

スポンサーサイト

BEETLE

所用と若干のビジネス機会のアプローチにて釜山(Busan Metropolitan City)に今回、初めて「ビートル」という高速船で行きましたが高速船とはいえ、やはり飛行機に比べると疲れます。所要時間約3時間と熊本から博多港までの約1時間30分、一昨年、飛行機で行った感覚が頭にあり、どうしても比べてしまいますので、長く感じます。


人口が博多の約3倍強で世帯数も2倍強、街の活気は感じます。博多との比較で人口3倍、世帯数2倍でお分りの通り、1世帯当たりの過密度が高く、住宅環境はあまり良くないと云う事だと思います。そこで当然に住宅建設が盛んだという事になります。戸建て住宅は人気がなく、もっぱら高層マンション建設が盛んです。一昨年に比べると新たなマンションが相当数建っており且つ建築中のマンションもそれなりの数を目にしました。因みに釜山で一番高い高層マンションは52階だそうです。地震が殆どないのも高層化の一因だと思います。韓国経済をリードしているののは、半導体を筆頭に電気機器、自動車、造船、鉄鋼etc です。そして内需では住宅建設がかなりのウエイトを占めていると思います。現地のコントラクション関係の人と話す機会があったのですが、好景気による余裕を感じられ、一昨年に比べると様相が違い、乗っている車、身に付けている物、身に纏っている服が、かなりグレードアップしており盛業さが伺えました。


韓国、釜山のもう一つの強みは、東アジアに於ける、海上輸送のハブ港である事です。海上輸送の要です。東南アジア、上海、台湾からの物資は一旦、釜山に海上輸送され、その後神戸、横浜、ロシア等に海運されるケースが多く、それだけ韓国経済が力をつけてきた表れだと思いますしハブ港は、いわゆる人、物、金が行き交う所です。港を見ますと、実に様々な船籍の船舶が停泊しています。益々「釜山」の街は拡大していくでしょう。


夜の街にでますと、独特のカラフルなネオンサインと東京、大阪にいるような人の多さ、雰囲気的には大阪に似た雰囲気を感じます。裏通りに行きますと名物の屋台での酒盛り、勢いとバイタリティーが伝わってきます。中洲の何かしら、観光化された雰囲気の屋台ではなく、「自然さ」「庶民さ」がいいですね。以前は熊本にも屋台はあったのですが、色々な規制で排除されてしまいました。もったいない事をしたものだと思います。景気がいい時も、そうじゃない時も何か原動力というものを「屋台」には感じたものです。カッコつける所と庶民的ありのままの姿の両面を「釜山」という街は保っているような気がします。屋台を通して感じます。いいですね。又美味しくてリーズナブルです。


ゴメンナサイ、所用の関係で時間がありません。「BEETLE」の続きは後日又ブロ具します。少し早いですが・・・・・アンニョンヒジュムセヨ。


 


 


 


 


 

KAMOME

前回のブロ具に「裏金」の事をかきましたら、沢山の方から直接メイルを頂戴いたしました。チョットびっくりしました。大半の方は私の考えに肯定的な内容のメイルでした。その中で、元公務員(警察)の方からのメイルで、昔から「裏金」はあったそうです。只、今の「裏金」というのとは、意味合いが全く違って、互助金的要素がおおきかったそうです。当時は公務員は薄給でその割にはその地域で生活していく上、あるいは署内での冠婚葬祭等での出費も多く家計は火の車で、奥さんは常に夜なべをして内職をされていたそうです。そういった事情で互助を目的に署員が少しずつ金員を出し合い互助金制度が造られていったそうです。その延長線が今の「裏金」になったのではないか?との事。ですから当時は単に飲み食いするとか、レクレーションに費やすとかではなかったそうです。が時代が変り公務員給は平均的には、民間と逆転しており、その必要性、理由付けの根拠はないといえます。今の「裏金」はその捻出方法、使途から考えると立派な「公金横領」には間違いないと思います。


「納税者は、税金が賢明に使用されるように要求する権利」を有する。


逆に云えば「納税」は社会的な絶対的義務(特殊な場合を除き)といえると思います。特に事業所、企業は所得税、法人税を納税する事が社会的責任を果す事になると思います。よく企業の「社会的責任」とは? なんてよく言われますが、「納税」それも、可能且、適正な納税ではないかと思います。よく企業のボランティア活動なんて、ニュース(民間)で取り上げていますが、それはPR(パブリックリレーション)でやっているのであって、本来のボランティアではありません。ボランティアの横取りです。それを民間のメディアがとりあげニュースとして流すのは、その本質を理解していない、勘違いしている典型的な例です。法人或いは企業の納税額ランキングをニュースした方が、まだましです。というよりその方がいいのでは?。 といいながらも当事務所はまだまだ小額の納税しかできませんが。ゴメンナサイ。


ともあれ、季節て゛すね。事務所の一角の「きんもくせい」の花が咲き初めました。なんともいえない、いい香りです。さりげなく漂ってくる香り、いいですね。品がありますね。


先週、土曜日に「KAMOME」にのって仕事で長崎に行ったのですが、台風13号、結構、被害が大きかったみたいですね。すでに屋根瓦等は修復されて被害状況は目にする事はありませんでしたが、地元の方の話しでは、海岸には波高15mぐらいの波が打ち寄せたそうです。そしてその後の塩害が又やっかいだそうで、家の所々に海水が塩になって付着し、それを取り除くのが大変だそうです。そう云えば、車窓から見る樹木、竹林等が塩害でしょう、黄ばんでいました。・・・だけどもう今年は台風は多分、来ないでしょう。九州は、しばらく秋晴れのいい日和の日々が続くでしょう。


最近、良書にめぐまれ、何か得したというか幸せな気持ちです。その中の一冊ですが、「KAMOME」の往復の車中で一気に読んだ「本」を今日はご紹介します。経済的な書籍で少し堅さはありますが、中々、中身のある本だと思います。大変、興味深く読破しました。又出版されたばかりの書籍でもあります。


タイトル:トライアングル資本主義 著者:中尾 茂夫  出版社:東洋経済新報社 価格:2,200円


ps:経済、特に国家としての政治と経済戦略、etc等に何か、ご興味のある方は是非、読んでみてください。お勧めです。


 


 


 


 


 


 


 


 

後藤田 正純 ・ 矢上 雅義 ・ 向井 亜紀

最近、土曜日の夕刻に比較的、時間がとれるのでインターネットを見たりする事が多いのですが、先ほどasahi.comのトップに「労働局」裏金70億円発覚とのトップニュース! 全国の37の労働局で過去6年間で70億円強プールとの事!!!! 手口はご多分にもれずカラ出張 カラ出勤 カラ伝票と幼稚さ丸だし。先日の岐阜県の裏金の巨額さにはびっくりしましたが、いつも使っている検索エンジンのgoogleで「裏金」と入力しましたら、まあ出て来る、出て来る 何か本当に嫌気がさしてきますね。こんなに多いと行政そのものを疑わざるを得ないですね。又いつも不思議に思うのは「裏金」=搾取=横領、立派な公金横領のはずです。なぜ警察、検察は捜査立件しないのでしょうか?民間の場合は即、横領事件として素早く動きますが何故でしょうか? 今、一番信頼できるのは東京地検特捜部と司法界ですね、今の社会の在り方を是正できるのは! 議員とか行政では所詮、無理(無能)なのかもしれません。両者だけの様な気がしてなりません。いずれ立件、送検される事に期待するしかないですね。そうでなければ又おおげさかもしれませんが「国家」という概念が崩壊する要因を含む事になるかもしれません。


嫌な事はさておきまして、今日のタイトル(本題)にうつります。タイトルのご三方は、メディアを介して私が知り得た「輝いている」ご三方です。皆さんご承知の方ばかりだとは思いますが。


後藤田 正純: 現職の自民党衆議院議員で前金融担当政務官です。今、国会で議論されている「消費者金融」におけるキーパースンだった人です。この人は消費者保護の観点から一貫して金融庁の業者に甘い、「高金利案」に物、申してきた人で、国会議員では稀にみる背筋の通った若手の議員です。まだ34才ですが、所謂、二世議員ではありませんし、テレビにチャラチャラでてくるタレント議員でもありません。(が前警察庁長官を務められた、後藤田長官の親戚筋にあたる方ではあります。)その審議会においての族議員、金融庁のあまりにも消費者を無視した案に激怒し、辞表を叩き付けた人です。私は立派だと思います。男です。 消費者金融業者に資金を提供しているのは、銀行、生保等です。族議員、金融庁は消費者金融業者というより、この銀行、生保の利益を優先する観点に立った訳です。そこに激怒した訳です。今後も議論され結論は出ていませんがどうも、「あいまいさ」が残る結論で手打ちを行いそうな気配です。ともあれ、この後藤田 正純議員はいずれ日本を背負って立つ人だと思います。この人をよく覚えておいて下さい。余計な事ですが、なかなかハンサムな男でもあります。


矢上 雅義: 私の居る熊本県の相良村、村長です。公共工事で世間を騒がせている、ある一つの事案です。川辺川ダム建設に一石を投じている人です。このダム建設が決まったのが、何と40年前です。当時は治水、利水と云うことでダム建設がが必要だったのかもしれませんが、時代は大きく変わりました。人々の生活と生活様式もまったく変わりました。すでにダムなどは必要ない訳です。逆に熊本県は球磨川水系の荒瀬ダムの解体を決めたぐらいです。この川辺川というのは本当に自然が豊で素晴らしい所です。地域住民の大半の方もダムは要らない、治水、利水の点からも必要性がない、必要と言い張っているのが国交省、県、土木業者、族議員でバカげた話しです。そこで矢上村長は物言いました。相良村はダムなど必要ないよ! 勝手に議論してくれと!村長は村民、地域住民の方の意見を代弁し、離脱を明言しました。これ又当然ですが、「長いものには巻かれろ」的、行政発想ではなく、堂々と発言しました。拍手喝采です。立派だと思います。この人も是非、覚えておいて下さい。長野県の前知事みたいなパフォーマンスはなく、面白くはありませんが、「熱い」ものを持った人です。


向井 亜紀: 「代理出産」の向井 亜紀さんです。区役所、法務大臣、何をためらっているのでしょうか?ネバダ州司法、東京高裁いずれもOKをだしました。私も素人ながら調べてみましたが出生届けを拒否する考え方は、明らかにアブノーマルな考え方だと思います。典型的な役所的発想で極端に言えば「法」が先で「人命」はその次というような、これこそ無責任な対応ではないかと思います。おそらく最高裁は受理を促す司法判断をすると思います。もし、まがりなりにも「拒否」を支持するような判断がなされれば、これこそ大きな社会問題に発展するのは間違いないでしょう。しかし、向井 亜紀さんいいですね。ひたむきな一生懸命さ、素敵な女性ですね。彼女のブログをちょっと覗いてみましたら、こんな事が書いてありました。女性の魅力とは:の問いに、「立ち居、振るまいの中にある内側からにじみでる、美しい聡明さ」まったくその通りです。本当に(今日は本当の言葉の連発ですが)素晴らしい、魅力あふれる日本女性ですね。


そろそろ「フーテンの寅さん」が、はじまりますので・・・・お後がよろしいようで。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。