FC2ブログ

熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015↗️2016↗️2017↗️2018↗️2019↗️2020🔄

新年あけましておめでとうございます。 とは言っても、一つの社会的日々の経過単位であって「おめでたい」方と「そうでない」方、何の意味も「感じない」方、様々 なのが実際の社会ではないでしょうか・・・と云うのは国家、地方行政、企業、各種団体、そしてそれらを全て成す個人においても1年間と云う単位で生活している人はいません。 何事においても数年単位が一つの目標・節目ではないでしょうか、3年、5年、7年、10年・・・或るいわコンソルな方もいらっしゃると思います。人もそうである様に社会も日々変化していきます。 特に社会の変化は過去の歴史にないスピードで、巷でよく言われる未来は「歴史に学べ」はおそらく通用しないような気がします。 何故なら社会のデジタル技術の進歩は時間軸と云う概念が当てはまりません。 全世界的に人間が生存する世界でデジタルと云う「システム」にもはや無関係の世界はありません。 私たちが日々生活している基本的な要素は資本主義経済=市場経済です。その根幹をなしているのは法貨、貨幣です。 貨幣は物の価値を評価する「会計単位」、「価値貯蔵手段」そして財・サービスの「交換手段」としてやりとりします。 今、私たちが日々生活する上で「貨幣」という紙幣、硬貨を使う頻度が少しずつ無くなりつつある様に感じられ各種カード、スマートフォン等に代わりつつある事が実感的に感じ取れます。 更にフィンテックの技術がブロードウェイ化しつつあり、スマートフォンをツールとした「アプリ」による支払いシステムのKyash、エニーペイ等は銀行口座を介さない「個人間決済システム」で貨幣の概念を根本的に変えつつあり、又更に米ドル、ユーロ、人民元、円等の各国家のセントラルバンクが「信用創造する貨幣」を更に進化させ法貨金融と云う概念を超えた「デジタルファイナンス」の研究がすすめられており、現実化すると国家を超えた世界共通のデジタルカレンシーが理論的には可能となります。 これはブロックチェーン技術のビットコインとは全く別物で世界共通通貨のデジタル通貨によるワンファイナンシャルが成立する事なにります。 この事は資本主義、社会主義経済、共産主義経済を凌駕する可能性を秘めている様に感じられます。 「貨幣」と云う概念を変化させる事により地球規模の変化と云うより石器時代より不連続的に続く延長線上の「人類の進化」 とも考えられます。 又、逆にタイムスリップした様な事が、今後普及する予感がします。それは金銭を伴はない「物々交換」です。 ある物の価値観を共有する人の間での云わばトレードです。その交換市場をIT分野と大手流通企業が具体的に検討しています、近い内その概要が公開されると思います。 この物々交換のトレードもデジタルシステムの中のITシステムがベースとなりそこにロジッスティックスもシステム運営されます。 要は「AI」のデータシステムがベースで、「IOT」、物のインターネットと云う本来の意味とは異なりますが、「アイ・オーティー・エクスチェンジ」略して「IOTC」なんてどうでしょう? こう云ったトレードシステムで「不動産」は馴染みやすい分野ではないかと思います。 長年、この業界でプレイヤーとして携わってきた経験からそのトレードシステムによるトレード案件は少なくない筈で、現に一定割合のニーズは存在しますし今後の一つの不動産流通のあり方だと考えられます。デューデリジェンス・インスペクションがルールとして確立すると尚更、容易になります。 最後に「物」と「知・サービス」のトレードと云うのも考えられます。「型」あるものと「知財・サービス」の交換です。 「型」という有形的財を「知財・サービス」と云う無形の財に「概念的に相互理解」できれば「価値変換」のトレードは可能です。 如何でしょう、「貨幣経済」と「交換経済」の併用というのは・・・・「需要」と「供給」による「生産」と「消費」+「交換」と云うことです。 貨幣経済の不安定さと不確実性を一定の割合で確実化する、ある種のツール、システムと考えられます。
スポンサーサイト

貨幣の話

肌寒い感じですがjust でいい季節になりましたね~am5:00前後にベッドから起き上がると、ちょっと最近のトレーニングでの痛みを背筋、腰回りに感じながら・・・ポットに水を汲みレンジでお湯を沸かす・・・ 一日の始まりです。coffeeはサントス系が好きなので゛サントスベースのブレンドを手動ミルで挽きながら カリタのドリッパーにネルをセット・・・・お湯を注ぐといいcoffeeの香りが目を覚ましてくれます。  心と身体をストレッチする意味もあってジョグ・・・棒安坂につく頃には身体も頭も目覚め「気」をチャージ 私にとっては、今日もエキサイティングな一日が・・・静かにスタートします。 日銀のマイナス金利政策以来、いろいろな論評が飛び交うようになりました。 端的な言葉で表現しますと、デッドオーバーハング/フィスカル・プルーデンス/クラウディングアウト・・・etc いずれもネガティブなカタカナ言葉ですがシンプルに現状を示唆している言葉だと思います。 経済を循環的な見方としての指標である利子率があるのですが、正常に機能しているのか、機能不全なのか・・の判断です。 自然利子率>市場利子率が正常値なのですが、2000年前後より自然利子率<市場利子率の状態が慢性化・・・ 正常値に戻るのはほぼ絶望的だと考えられるそうです。多機能不全の状態で処方箋はなさそうです。 qqeの失敗というより資本主義経済の限界点ともいえます。 これは日本だけではなくアメリカを除く先進国と云われる国々にもあてはまる事です。 そしてポピュリズム化の傾向が見え隠れします。 マネタリーでコントロールするのであれば、日銀口座(マネタリーベース)でのマイナス金利ではなく、現金・預金にマイナスを課す・・・ 最後の手段ではありますが即効性はあります。現金・預金を持つ事で手数料を支払わなければならないという事になりますと・・・ キャッシュアウトしたいですよね~ 現実に検討した国もあります。デンマークです、この国では2016年中に新たな紙幣・コインを発行しないプロセスに入っています。 ・・・ここまでくると貨幣(法定通貨)という概念が意味をなしません。 今後、考えられるのはキャッシュレスエコノミーでブロックチェーンのシステムによる電子通貨だけだと考えられます。 現実にモルガン・ゴールドマンサックス、日本では三菱ufj等が研究検討中との事。 今後、ai、フィンテックの技術開発により現実化するのは、そう遠くない・・・といわれています。 それにより一番得をするのはまぎれもなく「国家」である事は明白です。 。

日本振興銀行

先日、日本振興銀行が破錠し初めてペイオフが適用される事になりました。
この事はご存知の通りですが、銀行預金と云うのはどういう事なのか確認しますと、

例えば、10万円のキャッシュを銀行に預金すると預金通帳に100,000と記載されます。
この預金された10万円はだれのものでしょう?

その10万円は預金者のものではなく銀行のものになります。
では預金者の10万円は?・・「通帳マネー」と云うものになり、言うなれば「信用創造」
による単なる数字にしかすぎません。
有価証券でもありません。

解り易くいいますと、その通帳では何も買えませんしサービスも受けられません。

(銀行にとってキャッシュを預入れにてホールドできると云うのは、極端に云えば
「無」から「有」のビジネスへと波及していく事になります。)


預金者の立場はというと・・・法的には、その銀行の他の多くの「債権者」の一人にしかすぎないと
云う事になります。

~「マネー」というものを考えると・・・何か不思議な事が沢山あります。~





























FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。