FC2ブログ

熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ、不動産業の未来」Ⅱ

季節ですね~日課の早朝ジョグの途中、どこからともなくキンモクセイのいい香りを感じました。まだ花は咲いていないと思いますが、、、、、開花の前にも香りを放つのですね~。 「ザ、不動産業の未来」の続きですが、現在の「不動産業」の本質は広義的には「情報サービス産業」と云えると思います。 種々の開発事業、デベロップ、仲介、管理等、全てこの範疇には入ると考えられ細かく云えば、一次情報産業と二次情報産業のミックスされた情報産業と云えると思います。 一次情報は情報の生産、二次情報は一次情報で生産加工されたものをインフォメーション、アナウンスと云うのが二次情報と云えます。 大雑把な割合として一次が二割で八割は二次情報の取り扱いが業界での現状業態ではないかと思います。 タイトルの「ザ、不動産業の未来」において他業界からの参入は、この二次情報分野の八割に相当するボリュームゾーンの筈で、 ICT等のデジタルデバイスをツールとして参入、一定のシェアを確保するのはそう難しいものではないし時間軸的にも早期の段階・・・・と考えられます。 ・・・・・で、結論から申しますと・・・・将来の産業としての「不動産ビジネス」に於いて生産性、あるいわ付加価値を考えた場合一次情報の生産に特化・・・・ではないかと考えられます。 では一次情報を如何に生産するかとなるわけですが・・・・・開発、デベロップは一つの手段にしか過ぎず又、この手法は、ほぼ先細りのシミュレートの数値。では如何様な・・・・いろいろと考えられます。key wordは 概念的にsoftware的な発想の転換だと考えられ、「不動産ビジネス」と云うものをドラスティックに変える可能性があり高付加価値の実現性を生み出しビジネスの領域、即ち一次情報生産の新たな領域を創造する事になります。具体的には次回のブロ具からその一次情報生産について検討していきたいと思います・・・・ 。
スポンサーサイト

「ザ、不動産業の未来」 

昨日、秋晴れのもと藤崎八幡宮例大祭(通称ボシタ祭り)も終わり・・・少しずつ秋色に染まっていきます。 又、芸能界では安室 奈美恵の引退コンサートが出身地の沖縄で開催、全国のファンで大盛会とのNHKで報道。 ・・・・時代は変わったなあ~と・・・ぼ~っとテレビを見ながら・・・思う。 NHK(公益財団とは云え実質的には国営放送局)が午後七時のゴールデンタイムのトップニュースで安室奈美恵を報道?ボシタ祭りも何時から 藤崎八幡宮例大祭と名称が変わり?はたまた藤崎宮と何時から関連付けられたのか?いつまで馬を囃したてるのか・・・馬なしで人間だけでできないのか・・・。 ・・・まあ~時代と云うものは変わっていくものでもあり、変えなくてはならないものもある、・・・・世間ではnoproblemと云う事だろうなあ~と云う事で・・・「理解」は出来ないが「不解」と云う事で・・私の頭の「不理解」と云うタイトルのファイルに一旦処理…後に消去。 では本題に戻りまして「ザ、不動産業」の未来ですが・・・・・ 私見ではありますが5年後ぐらい以降の2023年~2024年前後から不動産業は社会の構造変化と伴に大きく変化せざるを得ない状況に。 従来の不動産業務は一昔前の専売小売りの酒店、米店、たばこ店と同様で規制に守られている業種、業務でこれは時代にそぐわなくなっているのは明らかで市場経済の変化に伴い政策的に転換しなければマクロ的な意味での社会、経済の停滞を招く事になり又業界に於ける新たな成長ビジネスが生まれにくく、規制緩和による他業種からの新たな参入ができる環境が必要条件と考えられます。 考えられる参入事業種は主に商業銀行(都銀・地銀・信金)、通信事業者(softbank.au.docomo)、保険代理店、ICT業者等は、はほぼ間違いなく 参入してきます。ハウスメーカー(大手・中小)、建築土木関係は従来より更に不動産業への軸足を強化してくる、と云うよりウエイトシフトせざるを得なくなります、コンビニもその一旦を担う可能性は大きいと考えられます。いずれの業種もデジタル化されたデーター保有とICT技術が最大の強みは言うまでも無い所で、「ヒト、モノ、カネ」→「ヒト、モノ、データー」へと事業要素が変わります。 その新たな参入業者の一つの参入パターンとして地域業者との業務提携(実質は買収に近い)・MA(資本注入はすでに始まっている)から始まるものと思います。 そして不動産ビジネスの大きな収益源である媒介・仲介手数料そのものの概念が変わりフィービジネスとしてシステム化される事が予想されます。 そのシステムも、そのものの契約行為のパターンによりその契約行為の安全性、フィデシャリー的相互確認性、保証性が期待される事になり、その事に対応出来うるスキルは十分条件ではなくやはり絶対的必要条件ではないかと考えられます。 続きは明日のブロ具にて書きたいと思っております。・・・宜しくお願いします。 。

「ちーこ」がやってきた。

2015↗️2016↗️2017↗️2018↗️2019↗️2020🔄

新年あけましておめでとうございます。 とは言っても、一つの社会的日々の経過単位であって「おめでたい」方と「そうでない」方、何の意味も「感じない」方、様々 なのが実際の社会ではないでしょうか・・・と云うのは国家、地方行政、企業、各種団体、そしてそれらを全て成す個人においても1年間と云う単位で生活している人はいません。 何事においても数年単位が一つの目標・節目ではないでしょうか、3年、5年、7年、10年・・・或るいわコンソルな方もいらっしゃると思います。人もそうである様に社会も日々変化していきます。 特に社会の変化は過去の歴史にないスピードで、巷でよく言われる未来は「歴史に学べ」はおそらく通用しないような気がします。 何故なら社会のデジタル技術の進歩は時間軸と云う概念が当てはまりません。 全世界的に人間が生存する世界でデジタルと云う「システム」にもはや無関係の世界はありません。 私たちが日々生活している基本的な要素は資本主義経済=市場経済です。その根幹をなしているのは法貨、貨幣です。 貨幣は物の価値を評価する「会計単位」、「価値貯蔵手段」そして財・サービスの「交換手段」としてやりとりします。 今、私たちが日々生活する上で「貨幣」という紙幣、硬貨を使う頻度が少しずつ無くなりつつある様に感じられ各種カード、スマートフォン等に代わりつつある事が実感的に感じ取れます。 更にフィンテックの技術がブロードウェイ化しつつあり、スマートフォンをツールとした「アプリ」による支払いシステムのKyash、エニーペイ等は銀行口座を介さない「個人間決済システム」で貨幣の概念を根本的に変えつつあり、又更に米ドル、ユーロ、人民元、円等の各国家のセントラルバンクが「信用創造する貨幣」を更に進化させ法貨金融と云う概念を超えた「デジタルファイナンス」の研究がすすめられており、現実化すると国家を超えた世界共通のデジタルカレンシーが理論的には可能となります。 これはブロックチェーン技術のビットコインとは全く別物で世界共通通貨のデジタル通貨によるワンファイナンシャルが成立する事なにります。 この事は資本主義、社会主義経済、共産主義経済を凌駕する可能性を秘めている様に感じられます。 「貨幣」と云う概念を変化させる事により地球規模の変化と云うより石器時代より不連続的に続く延長線上の「人類の進化」 とも考えられます。 又、逆にタイムスリップした様な事が、今後普及する予感がします。それは金銭を伴はない「物々交換」です。 ある物の価値観を共有する人の間での云わばトレードです。その交換市場をIT分野と大手流通企業が具体的に検討しています、近い内その概要が公開されると思います。 この物々交換のトレードもデジタルシステムの中のITシステムがベースとなりそこにロジッスティックスもシステム運営されます。 要は「AI」のデータシステムがベースで、「IOT」、物のインターネットと云う本来の意味とは異なりますが、「アイ・オーティー・エクスチェンジ」略して「IOTC」なんてどうでしょう? こう云ったトレードシステムで「不動産」は馴染みやすい分野ではないかと思います。 長年、この業界でプレイヤーとして携わってきた経験からそのトレードシステムによるトレード案件は少なくない筈で、現に一定割合のニーズは存在しますし今後の一つの不動産流通のあり方だと考えられます。デューデリジェンス・インスペクションがルールとして確立すると尚更、容易になります。 最後に「物」と「知・サービス」のトレードと云うのも考えられます。「型」あるものと「知財・サービス」の交換です。 「型」という有形的財を「知財・サービス」と云う無形の財に「概念的に相互理解」できれば「価値変換」のトレードは可能です。 如何でしょう、「貨幣経済」と「交換経済」の併用というのは・・・・「需要」と「供給」による「生産」と「消費」+「交換」と云うことです。 貨幣経済の不安定さと不確実性を一定の割合で確実化する、ある種のツール、システムと考えられます。

「目撃、日本」高校生ワーキングプア

今朝6'30分よりNHKで放送されたドキュメンタリー番組で、必死で生きている2組の家族をクローズアップ。 両親が離婚後、父親とともに兄弟3人の生活、長男が高校2年の時、父親死亡その後、兄弟2人で助け合い何とか生きていこうと決意。兄は定時制に移行、弟は普通高校へ進学、兄は昼間飲食店で仕事、弟も学校が終わり次第アルバイト、2人の夕食は毎晩23時 ぐらいに食事(兄の賄)・・・そしてこの春兄弟そろって卒業。兄は福祉関係の仕事、弟は印刷会社に就職。 もう一組の家族は父親死亡後、母親一人で姉妹と弟1人との生活、母親は生活の為3つの仕事を早朝から深夜まで、長女も生活を助ける為深夜までアルバイト、家事は12歳の妹が一切をになう。 ・・・・非常に簡単に書きますとこのような二家族の生活ドキュメンタリーですが・・・・一般的な家庭からすると壮絶な家族の生活です。 救いなのは二家族6人とも、なげやりではなく明日を信じて生き抜こうとする姿勢・・・・ちなみに高校生の長女は成績はトップクラスです。 長女の学校での昼食・・・パンの切れ端一袋70円、毎日。 家事の一切を担う弟の面倒含む、次女の言葉より・・・必死で働く母、それを助ける姉をみているとこうやって生活できるのは、「毎日が感謝の気持ちです」と・・・・12歳の女の子です。12歳の女の子からこの言葉がためらいもなくでてきました・・・涙しました。 ・・・・・素晴らしい家族だと思います。・・・ 必死で生きている姿は何よりも輝いて美しいし、人間として素晴らしい人生を歩んでいかれるものと確信できます。 社会にはこの番組で取り上げられた様なケースは他にも沢山あると思われます。 以外と気づいていないような気がします。 社会にはこの様な家族、生活環境の人達がいらっしゃる事を知り、そして常に意識しておく事が大事だと思います。 2017.12.24 。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。